HOME > 移住者インタビュー > “みかん作りのレジェンド”に様々な技術を教わっています(松本智也さん)
津久見みかんを盛り上げたい!
みかん作りの”レジェンド”と呼ばれる方に
技術を学んでいます。
  • Iターン
  • 農業
松本智也さん
出身地:神奈川県
移住年:2014年
Q.津久見に移住したきっかけを教えてください。

農学部で動物学を専攻し、大學卒業後はペットショップで働いていました。
その後、一時仕事を辞めてどうしようかと考えていたところ、実家が津久見市でみかん園を営んでいる方と出会い、津久見市でみかんづくりをやってみないかと誘われたのがきっかけです。

Q.移住するまでの流れを教えてください。

津久見市 移住者インタビュー実家で祖母が家庭菜園を行っていたことから、農業にはもともと興味をもっており、津久見市でのみかん農業にチャレンジすることにしました。

農業はすぐに安定した収入を得られるわけではないため不安だったが、農業法人が新規就農者を雇用し、研修する際の費用を助成するという国の事業により、安定した収入につながり、安心して勉強しながらみかんづくりに専念できています。研修では、津久見でみかんづくりのレジェンドと呼ばれる方から、剪定などを教わったのですが、80歳を過ぎるレジェンドもまだ勉強中だと言われ、自分も頑張らなければと思いました

ストレスフリーで、リラックスした生活。

Q.実際に暮らしてみてわかったこと、生活の変化を教えてください。

津久見市 移住者インタビューペットショップに勤めていた頃は休日も動物の餌やりに行くなど、あまりのんびりする時間が取れなかったが、津久見市に移住後は自然も多く、ストレスフリーでリラックスして暮らすことができています。

交通アクセスに不自由なし。
津久見市独特の景観が大好きです。

Q.移住して感じる津久見市の魅力を教えてください。

はじめは電車やバスの便数の少なさに驚きましたが、大分市にはJRの特急で乗り換えせずに行け、不自由しないです。

海沿いには子どもに大人気のつくみん公園があり、ここから眺める工場景観が独特で面白くゆっくりできる場所なので大好きです。たまに弁当を買って昼食を食べることもあります。

 

津久見みかんの復活、
それが私のミッションです。

Q.現在のお仕事(生活)とこれからの目標をお聞かせください。

津久見市はみかんの先祖木や甘夏発祥の地など歴史はあるが、担い手の減少が深刻な問題となっています。津久見みかんの復活を目指して、その名に恥じないみかんを作っていきたいです。(株)元気ファーム津久見の社員は社長と私だけですが、社員を増やしてもっといろんな場所で農地を増やしていきたいです。

イベント開催など、
まちづくりにも取り組んでいます。

Q.最近の楽しみは何ですか?

電車で大分市に買い物に行ったり、DVDを借りて家で映画鑑賞したりと、のんびり好きなことをして過ごしています。
また、同年代の仲間とイベントを開催するなどまちづくりにも取り組んで楽しんでいます。

Q.これから移住を考えてる方へメッセージをお願いします。

まずは一度、その場所をしっかりと自分の目で見て、感じることが大事だと思います。

※当インタビューは、2017年1月に行われたものです。