移住をして就業した方に生活支援金を交付します。

HOME > つくみ移住トピックス > お知らせ > 移住をして就業した方に生活支援金を交付します。

新型コロナウイルスの影響で、津久見市へ移住し、かつ市内に就業した方に、補助金を交付します。

対象者:令和2年7月29日以前、1年間市内に住所を有していない65歳未満の方で、新型コロナウイルスの影響を受けて本市に移住し、かつ、就業した方。

就業要件: 市内で就業すること。市内事業所就職(正規、非正規問わず)、自営業、家業を継ぐこと、農林漁業への従事なども含める。

補助額:生活支援金 10万円
家賃補助1万円(限度額)

新型コロナウイルスの影響とは:
例)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、内定が取り消しになった
例)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、業績が鈍り離職をした
例)新型コロナウイルス感染症を恐れて、実家にUターンした。
など

今までの移住補助金制度に加えて、今回の中途就職者等支援定住促進事業と介護従事者等就職支援事業補助金あわせて最大165万円の補助が受けられます。

注意事項:事前申請が必要となる補助金の制度もありますので、必ず移住前に下記の連絡先へご相談ください。

お問い合わせ先:津久見市役所 商工観光定住推進課
TEL 0972-82-2655

http://www.city.tsukumi.oita.jp/soshiki/6/16835.html